夏は涼しく、冬は暖かい家

「夏は涼しく、冬は暖かい家」ということは、家造りを行う上で誰もが実現させたい基本事項と言えるのではないでしょうか。
冷暖房に頼ることなくエコな暮らしを送りたいと考えることと思います。
快適な暮らしのためには、気温・湿度・風・放射熱という4つの要素を上手にコントロールすることが大切なのです。
人が快適だと感じる気温は20~25℃、湿度は40~60%の間です。
これに心地よい風や、物が発する熱エネルギーである放射熱という要素が結びついた体感温度が快適さを決めるポイントとなります。
体感温度を快適に保つ方法はさまざまですが、例えば、風の通り抜けやすい間取りにすることで夏を涼しくすることができます。
また、家の中に寒さを入れず熱を逃さないための技術である気密や断熱にこだわることで冬の暖かさを実現していくことができるのです。
中でも断熱には、構造部分を断熱材でくるむ外張り断熱と、壁の中に断熱材を詰める充填断熱があり、施工方法もさまざまです。
また、断熱材の種類も多数あるため、何が最も適しているかは施行業者としっかり話し合いながら決めていく必要があります。
さらに、熱の出入り口で最も大きな窓にもしっかりと注目しておきましょう。窓などの開口部の日射遮蔽はとても重要です。
日射遮蔽性や断熱性が悪ければ、夏も冬も開口部を通して大量の熱が出入りしてしまうのです。
省エネルギー性基準において強化されたものに、窓の日射遮蔽性と断熱性があります。窓を断熱サッシや、複層ガラスにすることによって、窓の断熱性能を大幅に改善することができるのです。
外気温に左右されることなく、エコな暮らしを送るには窓にもしっかりと注目しておく必要があるのです。

This entry was posted on 金曜日, 4月 12th, 2019 at 4:50 PM and is filed under 家づくり. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.