失敗しないパートナー選び

家造りはまず業者を選ぶことからはじまります。このパートナー選びこそが家造りの最大のポイントと言っていいのです。希望に合った、希望以上の家ができあがるかどうかは自分に合ったパートナーに出会えるかどうかなのではないでしょうか。実際に家造りを行い、業者の存在の大きさを実感しています。

しかし、ハウスメーカーから工務店まで併せると数多くの業者が存在するだけに、自分達に合った一社を選び出すというのは容易なことではありません。まずは自分達がハウスメーカー向きなのか、工務店向きなのかを見極めることから始めましょう。

希望が不明確で自分で住宅について考えるのは面倒という人には、提案力のあるハウスメーカーが向いていると思います。ハウスメーカーは、画一化されたデザインを持っているため提案力があります。このような人が工務店に依頼すると、提案を待ち切れずに不満が募ってしまうかもしれないのです。

逆に、住宅への希望が明確で、こだわりを強く持っている人や、家造りのプロセスをひとつひとつ楽しみたい人は工務店が向いていると思います。一緒に造り上げていう気持ちで臨めば、じっくりと腰を据えた分、こだわりが活かされた家造りができるのです。

予算においては、ハウスメーカーの方が広告宣伝費やモデルハウス維持管理費など様々な経費が建築費に上乗せされてしまうので、同じ仕様の家ならハウスメーカーよりも安くつくることができるのです。まずは自分がハウスメーカー向きなのか、工務店向きなのかを見極めることから始めてみましょう。

This entry was posted on 月曜日, 4月 17th, 2017 at 10:58 AM and is filed under 家づくり. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.