平屋住宅

最近では二階建てや三階建て住宅が増え、平屋住宅は数を少なくしてきました。しかし、平屋住宅の魅力は多く、将来を見据えて平屋住宅を希望する人も増えているといいます。平屋住宅は、住宅内の移動に階段を挟まないため部屋から部屋への移動がしやすく、動線がコンパクトなのです。移動のしやすさは老若男女関係なく暮らしやすさを実感できるのです。

掃除機を抱えて階段を上り下りする手間もかかりません。また、住宅内の事故で多いのが階段での転倒や落下事故です。平屋住宅は階段がないためこのような危険性がなく、安全性を確保できるのです。特に、高齢なると階段の上り下りは体に大きな負担を与えてしまいます。それだけに、動線上に階段を挟まないので体に負担がかからないのです。

また、階段を設けることで階段下にはデッドスペースを生んでしまいます。階段のない平屋住宅は、デッドスペースを生まず空間を最大限に有効活用しやすくもなるのです。階段がない分間取りをコンパクトにすることができますし、収納を増やすこともできます。

そして、ワンフロアなので家で孤立する場所がなく、自然と家族がリビングへと集まってきやすくもなるのです。小さい子どものいる家庭では子どもの様子が分かりやすく安心できます。また、構造的な危険が少なくなります。高さが低い平屋住宅は、二階建てに比べて構造的に強く、台風や地震の時にも危険が少なくて済むのです。しかし、希望する間取りを実現するにはある程度の土地の広さが求められますが、魅力の多い平屋住宅が人気を高めているのが納得できるのではないでしょうか。

This entry was posted on 木曜日, 1月 25th, 2018 at 2:56 PM and is filed under 家づくり. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.